産後にニキビがひどくなった?原因と対策は?

妊娠中にニキビに悩まされ、やっと出産が終わって肌荒れから開放される!と思ったのに、産後もニキビが治らずむしろ増えてる。。なんて悩んでいる方もいるかもしれませんね。

私も産前産後とニキビに悩まされたので、気持ちは痛いほどわかります…。

ここでは、産後にニキビが増えてしまう原因と、その対策を解説していきます。

産後にニキビが増える原因

ホルモンバランスの乱れ

妊娠中に増えた女性ホルモンは、産後に一気に減ってしまいますので、依然としてホルモンバランスが乱れたままになってしまい、肌荒れを引き起こします。

産後のホルモンバランスの乱れは、赤ちゃんが加わることで生活リズムの変化などもあり、産後1〜2年ほどは続くと言われています。

食生活の乱れ

入院中や里帰り中はしっかりと栄養のある食事を摂れても、自宅で赤ちゃんのお世話をしているとなかなか自分の食事まで気を回すことができず、栄養バランスの崩れた食生活になってしまうことがあります。

なるべくバランスの取れた食事を心がけたいところですが、慣れない育児の合間には手抜きも必要ですので、パックのお惣菜などを活用して栄養を摂っていきたいですね。

ストレス

慣れない育児、3時間おきの授乳、旦那は横でぐうぐう寝ているし、、と産後は何かとストレスが溜まるもの。

ストレスが溜まると皮脂の分泌を促すホルモンが出てしまうため、肌が脂性になってしまうとともに肌が固くなるので毛穴が収縮し、詰まりやすくなる結果、ニキビになってしまいます。

睡眠不足

産後は赤ちゃんがちょっとでも泣けば目が覚めてしまうくらい、神経が過敏になっていますし夜中も3時間おきの授乳が待っているのでなかなかまとまった睡眠が取れません。

睡眠不足は大きなストレス要因となり、結果としてニキビが増えてしまいます。

産後ニキビへの対処法

化粧品を変える

fffccc47217fe5fe261c5bb3ef933fcd_sホルモンのバランスが妊娠する前とは大きく変わるので、以前使っていた化粧品が肌に合わなくなることはよくあることです。
なんだか肌がピリピリするな、化粧品が合わないなと思ったら無理に使わず、敏感肌用の化粧品に変えてみましょう。

また、赤ちゃんのお世話を優先しなかなか自分のことまで手が回らなくなるので、短時間でしっかり保湿できるようにオールインワンの化粧品を選ぶのがオススメです。

周囲のサポートを得る

睡眠不足やストレスが重なるとお肌だけでなく精神的にも辛い状況になってしまうので、たまには旦那様や実家に甘えて赤ちゃんを見ていてもらい、自分の休息の時間を作るようにしましょう。

1週間に1回でもそういった時間があるだけでも、気持ち的にだいぶ違いますので周りのサポートはぜひ活用していってください。

まとめ

産後は目が回るような忙しさで自分のことはどんどん後回しになってしまいますが、簡単にできるスキンケアを取り入れたり、周囲のサポートを上手に使って、心も体もしっかり休めながら育児に励んでくださいね。

コメントを残す