妊婦帯って必要?妊婦帯の種類と選び方

先日、第二子が安定期に入ったので戌の日のお参りに行っていきました。

その帰りにアカチャンホンポに妊婦帯を見に行ったのですが(第一子の時は借り物だったので今回は改めて購入することにしました)、妊婦帯って色んな種類があってめちゃくちゃ迷うんですね!

どんな基準で選んだら良いんだろう?と思う方は多いと思うので、妊婦帯の役割からその種類と選び方について解説していきます。

妊婦帯の役割

妊婦帯(にんぷおび)、別名腹帯(はらおび・ふくたい)は、お腹を冷えないようにしたり、妊娠で大きくなってきたお腹を支えることで腰痛やお腹の張りを予防したりする役割を持っています。

 

日本では妊娠5ヶ月目の戌の日に腹帯をして安産祈願をする風習がありますが、犬は子沢山にも関わらずお産が軽いことにあやかって、戌の日にお参りをするようになったのだそうです。

安産祈願に行くから、と用意をする妊婦さんも多いようですが、妊娠5ヶ月ともなるとお腹も少しずつ大きくなってきて腰痛やお腹の張りを感じ始める人もいる頃なので、妊婦帯の検討をするにはちょうどいい時期と言えるかもしれませんね。

妊婦帯の種類

さらしタイプ

さらしタイプの妊婦帯は元祖腹帯で、岩田帯とも呼ばれます。

一枚の帯状の布で自分で下から上へ持ち上げるように巻いていくので、個人差のあるおなかに適応することができる妊婦帯です。

はらまきタイプやガードルタイプはゆるすぎた、他のタイプだとキツすぎる(特に双子ちゃんだとお腹の大きさも通常より大きくなるのでキツくなりやすいようです)などの場合に選ばれる方が多いようです。

自分で巻かなくてはならないのは少し手間ですが、お腹にフィットするのは嬉しいですね。

はらまきタイプ

通常のはらまきのような妊婦帯に、サポートベルトがついてお腹をしっかりホールドできるようになっているもの。

はらまきとベルトが分かれているものもあれば、一体となっているものもあります。

 

私が今回購入したのはこのはらまきタイプで、ベルトとはらまきが分かれているものです。
別々に使えるので、夜寝る時ははらまきだけ、日中はベルトとセットで、もしくは暑ければベルトのみで!と使い分けができるのが気に入っています。

ふわふわパイルボーダー妊婦帯 犬印本舗

価格:2,808円
(2016/9/2 11:44時点)

ガードルタイプ

ガードルタイプの妊婦帯はショーツと一体になっているため、歩いたりしてもズレにくく、トイレの時にズレを直したりといった必要がないので、最近人気の妊婦帯です。

ボディラインにフィットするので、お出かけや出勤時にも好まれています。

サポートベルトタイプ

お腹の丸みにフィットするように作られたサポートベルトは、下からしっかりとおなかを支えたい時にオススメです。

他のタイプの腹帯と併用したりもできます。

骨盤ベルトタイプ

産前産後は骨盤が緩み、そこから腰痛が生じたりしますが、この骨盤ベルトタイプは骨盤をしっかりと締めあげることで腰痛を防止します。

産後も使い続けることができるので、多少お値段は張りますが長く使えるのでオススメです。

妊婦帯の選び方

4de880a7c5f8ea2c23ee5dde5996da60_m私がアカチャンホンポに行った時に悩んだように、たくさん種類のある妊婦帯の中から自分に合うのはどれなのか?選ぶのはとても難しいと思います。

妊娠週数で使い分けたり、家と仕事で使い分けたり、、といったことも考えられますが、個人的には以下のように選んでみたらどうかな?と思います

 

ちなみに妊娠前にMサイズだった方はマタニティMサイズ、Lサイズだった方はマタニティLサイズを選べばOKです。

アカチャンホンポではサンプルも置いてあったので、軽く自分のお腹に合わせてみることもできました。
不安でしたら店舗で実際に手にとって選んでみてくださいね。

専業主婦の方

専業主婦の方は家にいることが多く、長時間動き続ける、ということが少ないので、私のようにはらまきタイプ+サポートベルトタイプを選ぶと良いのではないかと思います。

締め付け具合を簡単に調整できますし、リラックスタイムなどはベルトなしで過ごすこともできます。

お仕事をされている方

産休に入るまではバリバリ仕事をする!という方も多いと思いますが、そういった方にオススメしたいのはガードルタイプの妊婦帯で、ホールド感が足りなくなったらサポートベルトタイプを買い足す、という選び方です。

ガードルタイプは動いてもズレにくいので仕事中もストレスになりにくいですし、服に響かないので仕事服でもすっきりと見せることができます。

産前産後、1本で済ませたい!という方

産前は妊婦帯、産後は骨盤矯正用のベルトと、分けて買うのは面倒くさい!どうせならずっと使えるものを買いたい!という方にオススメなのが骨盤ベルト。

特にトコちゃんベルトⅡというのは評判が良いので、私は産後に買ってみようと思っています。

締め方がちょっと難しいようなので慣れが必要なのと少し値段が高いのがネックですが、長く使うことを考えるとコスパは良いと思いますが、他の妊婦帯と違ってお腹を支えるのではなく骨盤を締めて腰痛を予防する、ということなので、お腹の大きい時期にお腹を支えてくれるという安心感はないのかな〜?という感じはしますね^^;

まとめ

妊婦帯は妊婦さんが楽になるのはもちろんのこと、お腹の張りも予防して子宮をフカフカにしてくれるので、赤ちゃんも快適に過ごすことができるようになります。

何の症状も出ていなければ無理に買うことはないかもしれませんが、急激に変化する体が悲鳴を上げるのは普通のことですので、少しでも症状が出たら購入を検討することをオススメします。

 

実際、特に症状はそんなにないなぁと思いながらも購入したので妊婦帯をつけ始めましたが、思った以上に腰に負担が来ていたんだな!と付けてから気付きました。笑。

楽になることは間違いないと思うので、我慢せずに購入してくださいね♪

コメントを残す